手汗は呼吸法で改善されます!

呼吸法を変える事により、手汗が治まる事が、最近話題になっています。

ちなみに正しい呼吸法を行う事で手汗を抑制出来るのは勿論のこと、ダイエット効果が現われたり、健康にも良いと言われています。(とは言え、即効性はあまり有りませんけどね。)

そして、手汗を抑えるのに有効とされる呼吸法とは、腹式呼吸です。なぜ腹式呼吸が手汗を抑えるのに有効なのか?以下説明します。

呼吸

腹式呼吸が汗改善に有効な理由

腹式呼吸は、胸式呼吸に比べて、深い呼吸が可能な方法です。深い呼吸をすることにより、副交換神経を優位に働かせることが出来ます。副交感神経の作用により、体がリラックスした状態を作り出す事が出来るのです。

手汗は、交感神経が優位に働いた時に多く分泌されます。この交感神経の作用により、興奮状態や緊張状態に陥りますので、その時に手汗が多く分泌されます。この状態を回避するには、腹式呼吸によって、リラックスする状態をいつでも作り出すスキルを身に付ければ、手汗をコントロールすることが出来るようになります。(完全にコントロールするのは難しいですが・・・緩和させる事は可能です。)

深呼吸

腹式呼吸は、手汗を抑制する以外にも、腹部の大動脈を刺激するため、体全体の血流が良くなります。血流が良くなると、体中に酸素や栄養素がくまなく運ばれるようになり、自律神経の働きが正常になります。そして、体内の血流の正常化を図れると共に、手汗の改善も見込めます。腹式呼吸法を身に付ければ、緊張状態から解放されて、手汗を抑えるのに役立ちますよ。

女性は胸式呼吸になりがちなので要注意

女性の場合、普段は胸式呼吸を行っている人がとても多いので、男性以上に意識して腹式呼吸を行わななければいけません。女性が胸式呼吸をする原因の1つに、妊娠中には腹式呼吸がしにくい為、自然に胸式呼吸が身に就くようになっているのです。ですから、女性の場合は意識して腹式呼吸を行って手汗の防止をしなければいけません。